ガーゼマスクの口当ての使い方やガーゼマスクの洗い方は?どれくらいで洗う?

コロナウイルスの影響でマスクを入手するのが難しくなってきました。

私も出先のコンビニやドラッグストアをチェックしているんですが全然見当たりません。

コロナウィルス以外にももうすぐ花粉の季節もやってくるし…

しかも今年の花粉は例年より早く飛んでくると言われてますね。

これは花粉症に悩む人にとっては死活問題だと思います。

私も花粉症なので酷いときはマスクの下がびしょびしょになってしまう程で、マスクがなかったら人に会うことすら厳しいです(^^;

調べてみたところネット通販でまだマスクが入手できることが分かりました。

それがガーゼマスクです。

ガーゼマスクはその名の通りガーゼで作ったマスクで使い捨てではありません。最近では手作りでガーゼマスクを作る人も増えているようですよ。

ガーゼマスクを買ったことがある人はわかると思うんですが、マスク以外にガーゼの切れ端?みたいな四角いガーゼが大抵一緒に入っています。

初めて購入したときに「これは何?」と思ったことがあるんですが、あのガーゼは「口当てガーゼ」というものになります。

そこで今回は「ガーゼマスクの口当ての使い方やガーゼマスクの洗い方は?どれくらいで洗うの?」ということでガーゼマスクについて調べてみました。

ガーゼマスクの口当てガーゼの使い方は? 

ガーゼマスクをすると呼吸によってマスク本体が湿ったりして口にあたる部分がすぐに汚れてしまいそうで衛生的にも心配ですよね。

特に女性の場合はお化粧で口紅やファンデーションがつきやすいです。

普通の使い捨てマスクは使用したらゴミ箱に捨てて終わりですが、ガーゼマスクは捨てずに使うのでそれを防ぐために「口当てガーゼ」がついています。

写真のマスク右側にあるのが「口当てガーゼ」になります。

使い方はガーゼマスクの内側に「口当てガーゼ」を当てて使用します。

使用した後は口当てガーゼを新しいガーゼに交換すればまた使えます。

ガーゼマスクの付属でついている口当てガーゼがなくなってきたら、普通に売っているガーゼを購入して自分の使いやすい大きさにカットして使用すれば大丈夫ですよ!

ちなみに口当てガーゼは衛生的面だけじゃなく、マスクが顔にフィットする為の役割も果たしています。

使い捨ての不織布マスクは顔にフィットするように出来ますが、ガーゼマスクはどうしても隙間が空いてしまうので口当てガーゼをすることでより顔へのフィット感が高まります。

ガーゼマスクの洗い方は?どれくらいで洗えばいい?

マスクを1日つけると見た目は汚れていなくても、マスク表面がホコリや雑菌で汚れています。

そのためガーゼマスクは使い終わったらその都度、洗濯するのが1番いいです。

ガーゼマスクはデリケートなので、洗濯機ではなく手洗いをおすすめします。

洗う時は中性洗剤で押し洗いして、よくすすいだら影干して乾かします。

気になる人はすすいだ後に熱湯で煮沸するのもありですよ。

マスクが生乾きの状態だと菌が繁殖するので必ずよく干してくださいね。

中性洗剤とはおしゃれ着洗い用の洗剤になります。有名なのはアクロンやエマールです。

口当てガーゼを洗って使う人もいるので、口当てガーゼも何回か使用したい人はマスクと同じように中性洗剤で洗ってくださいね。

おすすめのガーゼマスク

ドラッグストアではガーゼマスクも品切れになっているところも多いですが、ネット通販ならまだ購入できるお店があります。

しかし品薄になっているお店もあるのでガーゼマスクが欲しい方は早めにチェックして下さいね!

・スタンダードな白いガーゼマスク

・和柄が可愛いガーゼマスク

・立体のガーゼマスク

・オーガニックコットンで作ったガーゼマスク

・就寝時用のガーゼマスクです

・こちらは子供用のガーゼマスクでプリーツタイプになっています

・子供用のガーゼマスクでLサイズもあります

・こちらはマイメロディーが可愛い子供用のガーゼマスク

ガーゼマスクの口当てガーゼの使い方と洗い方のまとめ

ガーゼマスクの口当てガーゼの使い方と洗い方をまとめると…

・ガーゼマスクの口当てガーゼはマスクの内側にあてて使う。

・ガーゼマスクは1回使用したら洗って清潔を保ち、洗う時は中性洗剤(おしゃれ着用の洗剤)で手洗いが基本です。

ガーゼマスクは柔らかく肌触りも良いので、使い捨ての不織布マスクだと肌がかぶれてしまう人にもおすすめです。

洗うなどの手間はかかってしまいますが、マスクが入手困難な今は昔ながらのガーゼマスクを使うのもエコでおすすめですよ!

関連記事:マスクの表裏はどっちが正解?正しいマスクの付け方は?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました