チョコチャンクとチョコチップの違いはなに?わかりやすい比較画像も!

「チョコチャンククッキー」や「チョコチャンク入り」というお菓子を最近よく見るようになりました。

スタバにもチョコレートチャンクスコーンという商品があります。

そのスコーンを食べた時に、チョコの粒が入っていたのでチョコチップと何が違うの?と思いました。

チョコチップは知っているけど、チョコチャンクはどんなものか知らない人も多いのではないでしょうか。

そこでチョコチャンクとチョコチップの違いについて調べてみました。

チョコチャンクとチョコチップの違いは?

チョコチャンクのチャンクとは「大きな塊」や「ぶつ切り」という意味があります。

対してチョコチップとはチョコチャンクよりも、もう少し小さいチョコレートになります。

わかりやすく言うとキスチョコが小さくなった位の大きさになります。

ちなみにフレークはもっと細かい状態のことを指します。

チョコチャンクとチョコチップの比較画像

チョコチャンクとチョコチップの商品で有名なのがこちらです。

画像を見るとチョコの大きさの違いが良くわかりますよ。

・スタバのチョコチャンクスコーン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

デブ活(笑) #☕STARBUCKS COFFEE☕ #スタバ #エスプレッソアフォガートフラペチーノ #チョコチャンクスコーン

トラッキオ(@torakkio)がシェアした投稿 –

・ステラおばさんのチョコチップクッキー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

裏切らないチョコチップクッキー🍪 #ステラおばさんのクッキー #ステラおばさん #チョコチップクッキー #クッキー #chocolatelover #chocochip #cookie #おやつ

amai(@amaimonoto)がシェアした投稿 –

チョコチャンクとチョコチップの違いまとめ

チョコチャンクとチョコチップの違いはチョコレートの大きさの違いということでした。

改めて比較してみると確かにチョコチャンクの方が少し大きいチョコレートで、チョコチップの方が少し小さめですよね。

手作りのお菓子を作る時にチョコチャンク、チョコチップの2種類を作って食べ比べてみるのも楽しそうですね!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました