映画のエンドロールとクレジットの違いは?意味を解説!

映画の本編が終わったあとに、キャストやスタッフの紹介が流れてくる映像を「エンドロール」と言ったり「エンドクレジット」と言ったりしますよね。

この2つは何が違うんでしょうか?気になったので調べてみました

エンドロールとクレジットの違い

「エンドロール」は本編終了後に上映されるパートのこと。

「クレジット」は本編終了後に上映されるパートに、キャスト・スタッフ・音響など映画制作情報が載っている部分です。

どちらも本編終了後に映し出されるパートなので「エンドロール」と「エンドクレジット」は言い方が違うだけで、同じ意味になります。

エンドロールの意味は?

「エンドロール」は元々映写の専門用語で使われていました。

通常映画のフィルムは1巻大体1,000フィート(上映時間約10分ほど)

1本のフィルムだけでは時間がたりないので、数本のフィルムを順番に映して映画を上映しています。

この1本のフィルムを編集して効果音などを録音したりする際に、10本くらいに小分けします。

小分けしたものを「ロール」といい、1番最後のロール(10本なら10巻め)を「エンドロール」といいます。

ちなみに映画の本編終了後に出てくるキャスト・スタッフ・音響などの載っている部分は映画制作陣の紹介をしているので「スタッフロール」と呼ぶこともあります。

ドラマなどでは冒頭にスタッフやキャストの紹介が流れてくることもありますが、その際はオープニングスタッフロールではなく「オープニングクレジット」などと言います。

オープニングスタッフロールは聞いたことないですよね。


それから「エンドロール」や「スタッフロール」は和製英語なので、海外でこの言葉を使っても伝わりません。

英語では「エンドクレジット」と言います。

まとめ

「エンドロール」は映画の専門用語からきていたんですね。

人によって言い方は違いますが「エンドロール」も「エンドクレジット」も同じ意味合いになるので、好きな方を使って大丈夫です。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました