新語流行語のおむすびころりんクレーターとは何?意味と由来は?

11月6日に新語・流行語を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされたことば30語が発表されました。

その中で「おむすびころりんクレーター」ということばが入っていましたが、世間では聞いたことがないことばに「これは何?」と疑問を持った方も多かったようです。

「おむすびころりんクレーター」とは一体何のことなんでしょうか。

気になったので「おむすびころりんクレーター」の意味と、なぜそう呼ばれているのか?由来を調べてみました。

おむすびころりんクレーターとは?

 「おむすびころりんクレーター」は惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「Ryugu(リュウグウ)」の地表に作った人工クレーターの呼び方(愛称)のことです。

毎日新聞社が運営するツイッターアカウント「はやぶさ毎日(@mai_hayabusa)」でも「地名」であることを語っています。

なぜ「おむすびころりんクレーター」と呼ばれるのか?

「おむすびころりんクレーター」の近くには、おにぎりの形に似た「おにぎり岩」と呼ばれる岩があります。

このクレーターが「おにぎり岩」が転がり落ちそうな窪地であることから、おとぎ話の「おむすびころりん」に由来して「おむすびころりんクレーター」という名前がつきました。

ちなみに命名はJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)がしています!

その他にも「ウラシマ」、「キビダンゴ」、シンデレラのフランス語読み「サンドリヨン」などおとぎ話にちなんで付けられた名前のクレーターがあります。

まとめ

「おむすびころりんクレーター」の意味と由来でした。

JAXAが命名しているというのが、凄いですよね。でも童話や昔話の名前を使う所にロマンを感じます。

世間的にはあまり知られていない「ことば」だったようですが、新語流行語大賞にノミネートされるということで、一部の人たちの間では流行っていたのかもしれませんね。

関連記事:新語流行語大賞2019の発表はいつ?ノミネートされたことば30個は?過去の流行語大賞も紹介!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました