ナスが茶色に変色していても食べられる?種が黒や茶色でも大丈夫?

ナスを使おうとして包丁で切ったら、ナスが茶色く変色していた。

とくに匂いも変わらないときは使っても大丈夫なのかわからないですよね。

そこで、ナスの色が茶色に変色していても食べられるのかをまとめてみました。

合わせて、種が黒や茶色になったナスについても調べたので参考にしてみて下さいね!

ナスが茶色に変色していても食べられる?

ナスの断面にうっすらと茶色い斑点や模様があるくらいなら、内側が変色していても食べることは出来ます。

しかし、劣化をしているので味や食感は劣ります。

アクや苦みが強くなったりするので、子供に食べさせるのはやめた方がいいです。

茶色くなったナスは新鮮なナスで作る漬物のような食べ方は出来ないので、味噌炒めなどの濃い味付けで火を通す料理がおすすめです。

茶色い部分が広範囲ならあきらめて捨てた方がいいです。

そこまで茶色い部分がひどくないナスを調理したことがあるんですが、焼き肉のたれで味付けをしたのに食べたら酸っぱかったことがあります。

皮の一部が茶色く変色したものは、茶色い部分を切り取れば使えます。

ナスの内側までいっているときは、どれくらいの範囲が茶色くなっているかで食べるかを判断した方がいいです。

ナスの種が黒や茶色でも大丈夫?

ナスの内側が白くても、種が茶色や黒くなっている場合はどうなんでしょうか?

この種の色は鮮度が落ちてきているというサインになります。

食べても問題はないので、種を取り除かなくても大丈夫です。

もし皮の表面が綺麗な状態であれば低温障害を起こしている可能性もあります。

低温障害、黒や茶色い種がある状態だと新鮮なナスより味が落ちていることがあるので、できるだけ早く使い切るようにした方がいいです。

ナスの最適な保存方法は?

なすはインドが原産地とされる野菜です。

そのため低温に弱く、15度~23度の直射日光を避けた風通しの良い場所での常温保存が適しています。

常温保存なら保存期間の目安は2~3日です。

冷蔵庫で保存する場合は新聞紙で包み、冷蔵室ではなく野菜室に置くようにします。

冷蔵庫10℃以下で2~3日保管すると低温障害で茶色くなってしまうので、必ず野菜室で保存しましょう

冷蔵庫の野菜室での保存は、3日が目安です。

ナスが茶色に変色していても食べられる?種が黒や茶色でも大丈夫?まとめ

ナスは茶色に変色していても、断面にうっすらと茶色い斑点や模様があるくらいなら、食べることは出来ます。

しかし、広範囲の場合は痛んでいるのが明らかなので、処分をした方がいいです。

種の色が黒や茶色になっているものは鮮度が落ちているけど、腐っているわけではないので食べられます。

ナスはデリケートな野菜なので、保存期間も2~3日と短いですね。

ナスを手に入れたら出来るだけ早く調理して食べるようにしましょう!

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました