クリスマス24日と25日メインはどっち?クリスマス・イヴの本当の意味とは?

クリスマスと聞くとクリスマスツリーを飾ったり、チキンやケーキを食べてみんなでお祝いするというイメージがありますよね。

クリスマスになると何の疑問も持たずに2日連続でクリスマスの料理を食べていたんですが、ふと24日に食べるか?25日に食べるか?という疑問に当たりました。

そもそもクリスマスは24日と25日どちらの方がメインになるのでしょうか?

そこでクリスマスのメインは24日と25日どちらなのか?クリスマス・イヴにはどんな意味があるのかを調べてみました。

クリスマスのメインは24日と25日どっち?

日本では12月24日のクリスマス・イヴは12月25日(クリスマス)の前夜と思われていますが、厳密にいうとクリスマスとは12月24日の日没から25日の日没までことを言います。

このことから24日と25日どちらもメインになりますが、夜に食事やパーティーをすることを考えると24日の方がメインともいえます。

12月25日の日没にはクリスマスは終わるので、サンタクロースが来るのもクリスマス・イヴの12月24日の夜ということになりますね。

クリスマス・イヴの本当の意味とは?

通常は真夜中の0時から次の真夜中の0時までを1日としていますが、教会暦では一般的に使われている時刻系とは異なり日没を日付の変り目としているので、一日は日没から始まり日没に終わります。

そのためクリスマスとは12月24日の日没から25日の日没までにあたります。

しかしキリスト教の国においても一般的に使用される時刻系の概念を用いて、12月24日を「クリスマスの前夜」と説明することもあるそうです。

クリスマスは24日と25日メインはどっち?クリスマス・イヴの本当の意味とは?まとめ

クリスマスは教会暦でいう24日の日没から25日の日没になるため、24日と25日どちらもメインになります。

けれど25日の日没にはクリスマスが終わってしまうので、どちらかというと24日の方がメインという感じになりますね。

そしてクリスマス・イヴはクリスマスの夜という意味で、イヴニングと同義の古語「even」からきています。

クリスマスについてなんとなくは知っていましたが、調べてみると色々と奥深いですね。

人によっては24日・25日どちらもメインになるので、楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました