ネックレスをつけっぱなしでお風呂に入っても大丈夫?温泉も大丈夫?

お気に入りのネックレスはいつでも身に着けていたいですよね。

ネックレスを外さずにつけたまま生活している人もいますが、お風呂に入るときにネックレスをつけっぱなしで入るのは大丈夫なんでしょうか?

お気に入りのネックレスが変色したりするのは避けたいですよね。

そこでネックレスをつけっぱなしでお風呂に入っても大丈夫なのか?さらに温泉でも大丈夫なのかをまとめてみました!

ネックレスつけっぱなしでお風呂に入っても大丈夫?

これはネックレスの素材によります。

錆びにくいと言われている素材なら大丈夫ですが、石鹸のカスがチェーンに残っていたり入浴剤によっては変色する可能性もあるので気を付けましょう。

錆びにくいといわれている素材は金、プラチナ、チタン、ステンレスです。

どんな特徴があるのか、それぞれ見ていきたいと思います。

金(ゴールド)

金は変色や腐食が起こりにくい金属で、錆びない金属ともいわれています。

けれど、ゴールドのアクセサリーは金の含有量や金以外に入っている金属によっては錆びやすくなることもあります。

金は純度が最も高いのがK24で金の含有量が99.99%以上になり、金の含有量75%はK18は、金の含有量42%はK10となっています。

金に他の金属を混ぜることで加工がしやすくなったり値段も手頃になるので、アクセサリーはK18やK10のものが多いです。

値段は高くなりますが、劣化させたくないならK24が一番いいですね。

プラチナ

プラチナは白金とよばれる金属で汗や洗剤にも強く、錆びにくくて腐食もしにくい金属です。

さらに金属アレルギーも起こりずらく、くすみにくいので結婚指輪などにも使われています。

純プラチナはpt1000、プラチナは含有量が95%のものはpt950、プラチナ含有量が90%のものはpt900となります。

ホワイトゴールドと似ていますが、ホワイトゴールドはゴールドにパラジウムなどの金属を加え、銀白色にするために表面にロジウムコーティングを施しています。

そのため、長く使っているとコーティングがはがれてきます。

値段的にはホワイトゴールドの方が安いですが、ずっと身に着けるならプラチナの方が良いでしょうね。

チタン

チタンは金属アレルギーを起こしにくい、錆びにくい金属といわれています。

しかも軽いうえに強度もあるという点も優れた素材です。

アルミニウムよりも錆びにくいので、ネックレスの素材としてもよく使われています。

チタンは硬いので加工しにくい素材でもあります。

ステンレス

ステンレスも金属アレルギーが起こりにくい、腐食に強く錆びにくい素材です。

台所のシンクにも使われていますね!

ステンレスのネックレスは値段も手頃なので買いやすいというメリットもあります。

特徴がチタンと似ていますが、ステンレスの方がチタンよりも重さがあります。

ネックレスをつけっぱなしで温泉に入っても大丈夫?

いくら変色や錆びにくい金属といっても温泉に入る場合は外した方が良いです。

金やプラチナは本来は変色しない素材ですが、純度が高いほど柔らかくなるので強度を上げるために別の金属(シルバーや銅など)を混ぜている場合があります。

そのため、他の金属が温泉の泉質に反応して変色や錆びを起こしてしまう可能性があります。

pt1000ならプラチナしか使っていないので大丈夫でしょうけど、pt1000のネックレスをしている人は滅多にいないですよね。

チタンは比較的温泉にも強いようですが「ここの温泉は大丈夫だったけど、別の温泉に入ったら変色した」という話もあるので、やはり泉質によっては変色の可能性もあります。

ステンレスも錆びにくいですがステンレスの成分に鉄やクロムが入っているので、絶対に大丈夫とはいえません。

とくに値段の安い物は錆びる可能性が高いみたいです。

ネックレスお風呂につけっぱなしで入っても大丈夫?まとめ

ネックレスをつけっぱなしでお風呂に入る場合、普通のお風呂なら金・プラチナ・チタン・ステンレスの錆びない、腐食しにくい素材のネックレスなら一応は大丈夫です。

温泉の場合は変色する可能性があるので注意しましょう。

ただ普通のお風呂なら大丈夫とはいえ、ネックレスをつけっぱなしでお風呂に入ると石鹸カスなどの汚れや入浴剤によっては劣化することもありえます。

大切なネックレスを長く使用したいならその都度、外す方が良さそうですね。

しかしネックレスをつけっぱなしでお風呂に入るかは個人の判断になるので、付けたままがいい人は出来るだけネックレスをケアしてあげて下さいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました