ターミネーターニューフェイトのネタバレ、評価、口コミは?

ターミネーターの最新作「ターミネーター:ニュー・フェイト」が本日11月8日に公開されました!

「ターミネーター:ニュー・フェイト」はターミネーター2の正統な続編ということで、サラ・コナー役のリンダハミルトンが「ターミネーター2」以来の出演をしています。

さらにT2のジョンコナー役で当時話題になった美少年子役、エドワードファーロングも出演するということで公開をとても楽しみにしていました。

さっそく見に行ってきたのでストーリーと一緒にみなさんの評価や口コミもご紹介します。

完全ネタバレを含みますので知りたくない人はスルーして下さい!

ターミネーター :ニュー・フェイトの紹介

ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と弟のミゲルに襲い掛かる。ダニーとミゲルは強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス)に救われ、 何とか工場から脱出した。そして彼らをしつこく追跡するREV-9の前に、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が現れる。

引用元:https://movies.yahoo.co.jp/movie/367854/story/

「ターミネーター:ニュー・フェイト」はターミネーター、ターミネーター2で監督を努めたジェームズキャメロンがプロデューサーと原案を担当し、「デッドプール」の ティム・ミラー監督がメガホンをとっています。

ターミネーターシリーズの1と2を見ておけば話はわかるようになっています。

「ターミネーター :ニュー・フェイト」のネタバレあらすじ

この先は「完全ねたばれ」を含みますので映画を知りたくない人は飛ばしてください!

 

 

 

 

 

「ターミネーター:ニュー・フェイト」はターミネーター2から22年ほど後の2019年が舞台になっています。

映画冒頭では、若かりし頃のサラ・コナーが映し出されます。

ターミネーター2での死闘の末、人類が滅ぶはずだった「審判の日(Judgement Day)」を阻止し、
未来を変えたサラと息子のジョン・コナー。
休日を楽しむ2人の前にまたもT-800が現れジョンの命を狙います。
このT-800は以前の未来(2人が未来を変える前)から送られたターミネーターでT2のターミネーターとは別のターミネーターです。
サラは慌ててジョンを守ろうとしますが間に合わず...サラの目の前でジョンは撃たれてあっけなく亡くなってしまいました。
 
そして22年後ー
今作のヒロインとなるダニ・ラモス(ダニー)は父と弟の3人家族。メキシコで暮らしていました。

弟と同じ職場で働くダニーは突然、2042年の未来からやってきた最新型ターミネーター「REV9」に命を狙われます。「REV9」はT1000と同じように形を変える能力をもっています。

そこに同じく2042年の未来からきた女性グレースが現れダニーを守ります。

グレースはターミネーターと戦うために「強化された人間」に改造されており、かなり強いです。

REV-9から逃げるためグレースはダニーと弟を連れカーチェイスを繰り広げますが、弟は途中で亡くなってしまいます。

REV-9に追いつめられた2人の前に現れたのがサラ・コナー。

サラは銃やロケットランチャーでREV-9を吹き飛ばします。そしてまだ死んでいないREV-9を追いかけるため、「I’ll be back.」と2人に告げREV-9を探しにいきました。

グレースとダニーはサラを待つことなく車に乗り逃げてしまいますが、なんだかんだで合流します。

そして互いに今までのいきさつを話し始めました。

グレースのいた2042年では、サラとジョンが未来を変えたおかげでスカイネットは存在していません。

しかし未来はスカイネットの変わりにAI「リージョン」に支配された世界となっていました。
荒廃した世界でリージョンと闘う人類。
そんな人類のリーダーとなる子供を産む女性こそがダニー。だから彼女を守るためにやってきたと告げるグレース。
ダニーに昔の自分を重ねるサラ・コナー。

そしてサラがなぜあの場所に現れたのか?それは謎の人物からメールを受け取り、ターミネーターが現れる場所がわかっていたからだと話します。

息子のジョン・コナーが亡くなった後、その人物からターミネーターが現れるときにメールが届くようになった、そして最後には必ず「ジョンのために…」と書いてある。

それからのサラはターミネーターが現れる場所へ行き、ジョンと自分の無念を晴らすようにターミネーターを破壊しまくっていました。

グレースはメールを送っている人物の居場所を特定し、3人はテキサスへ向かいます。

テキサスにいたのがシュワちゃん演じるT-800。サラの息子ジョン・コナーを殺したターミネーターでした。

怒りをあらわに銃を撃とうとするサラでしたが、人類の未来のためだとグレースに言われどうにか感情を抑えます。

T-800は自分の役目を終え目的を失っていましたが、妻に出会い人間社会のことを学び「カール」と名のり現在は妻・息子(妻の連れ子)と暮らしているということでした。

自分も息子を持ち、育てることでサラの気持ちがわかるようになった。贖罪の意味もあり、サラにあのメールを送っていたと話すT-800。

サラは怒りを感じながらも強敵REV9からダニーを守るため、T-800と共闘します。

死闘を繰り広げる4人 VS REV9。

REV9を倒す為に必要な装置も壊されてしまいますが、強化人間として改造されたグレースの体内にはその装置が入っています。

しかし、その装置を取り出すということはグレースの死を意味すること…

「出来ない」と言うダニーにグレースは人類の未来のためREV9を倒すように、自分はダニーを守るために来たんだと説得します。(グレースは子供の頃ダニーに助けられています)

葛藤しながらもグレースの中から装置を取り出したダニーでしたが、崩壊しかけていてもREV9の力は強く、とどめを刺すことが出来ません。

ダニーが危ない!

サラは壊れかけ動かないT-800に向かい「カール!」と名を呼び続けました。

起動し再び動き出すT-800。

T-800がREV9を押さえつけ、ダニーは遂に装置を刺すことに成功します。

なおも抵抗するREV9をT-800が引きずりこみ機械の中に共に落ちていきます。ショートするREV9を離さず最後は2体のターミネーターが壊れてしまうのでした。

 

場面が変わって、楽しそうな女の子の親子連れを見守るダニー。

そんなダニーのもとにサラがやってきます。

女の子を見て「彼女を決して死なせない」というダニー。

そして2人は車に乗って去っていきます。

 

これは続編があるような終わり方でしたね。

どうやら3部作と言われてるようですが、興行収入によっては続編は難しいのでは...とも言われてるようです。

この続きがあるならぜひ見たいです!

「ターミネーター :ニュー・フェイト」を見た人の評価・感想は?

まとめ

「ターミネーター:ニュー・フェイト」はT2を彷彿させる内容でターミネーター2のオマージュ的な要素がたくさんある作品になっています。

カーチェイスのシーンではT2のカーチェイスシーンを思い出して懐かしさがこみ上げてしまいました。

戦闘シーンでは女性3人が強くてかっこいいし、シュワちゃんも72歳ながら頑張ってるなぁと素直に感心しました。

映画サイトでは「ターミネーター:ニュー・フェイト」を見た感想にけっこう辛口な意見も多かったですが、私はとても面白かったです!

今度は吹き替え版を見に行こうかなと思ってます。

関連記事:エドワード・ファーロングのターミネーター2以外の出演作品は?映画とテレビ作品を紹介!

関連記事:ターミネーターシリーズを無料配信で見るには?配信サイトの比較とターミネーターシリーズのストーリーを解説!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました