ラグビー台風での試合延期はある?チケットの払い戻し方法は?

ラグビーワールドカップが盛り上がっている最中ですが、台風19号の影響で10月12日に開催予定の試合が一部、中止になってしまいました。

とっても残念です。せっかくチケットを取ったのに!という方もいますよね。

もし試合が中止になった場合は別の日に開催したりするんでしょうか?チケットはどうなるの?と思ったので調べてみました!

今回は「ラグビー台風での試合延期はある?チケットの払い戻し方法は?」という内容でまとめています。

台風で中止になった試合

10月開催のラグビーワールドカップ2019で試合中止になったのがこの2つです。

・10月12日(土)「ニュージーランド vsイタリア」   (豊田スタジアム)
・10月12日(土)「イングランド vs フランス」         (横浜国際総合競技場)

10月12日(土)に福岡で予定している「アイルランド vs サモア」の試合については、現時点で予定通り開催するということです!

中止になった試合はどうなる?

ラグビーワールドカップの試合が中止になった場合、予選か決勝トーナメントかで対応が変わってきます。

グループリーグ戦の場合

・振替試合はなく試合中止
・結果は引き分け扱いとなる
・両チームに勝ち点2ずつが付与

今回の10月12日(土)の2試合はこれに当てはまるので、どちらの試合も引き分けということになります。

決勝トーナメントの場合

・順延
・代替会場があれば実施

決勝戦の場合は順延となります。代替会場があれば実施…となっていますが、よっぽどのことがない限り試合会場は手配すると思います。

チケットの払い戻し方法は?

10月12日(土)に試合予定だった

  • 「ニュージーランド vs イタリア」
  • 「イングランド vs フランス」

こちらの2試合は中止によりチケット代が全額払い戻しとなります。

『払い戻し方法については、チケットご購入者の皆様に改めてメールにてご案内させていただきます。』ということなので、公式からメールがきたらその手順に従って払い戻しをしましょう!

まとめ

台風で中止になった場合のラグビーの試合についてまとめてみました。

台風19号は12日(土)~13日(日)にかけてが酷いようなので、13日(日)の試合もどうなるか気になりますね。

もし13日の試合も中止で引き分け扱いになったら、日本は勝ち点2となり決勝トーナメント出場が決まります。

でもやはり試合で勝敗を決めるところが見たいですよね。

台風の被害もなく、試合が開催されることを願っています。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました