頻尿の原因と対策は?予防と体操の方法

仕事中や外出中に何度もトイレに行きたくなる、頻繁にトイレに行きづらい 、そういうことで悩んでいる人は多いんじゃないでしょうか?
一日に8回以上トイレに行く人は頻尿の可能性があるそうです。
私はかなりの頻尿で酷いときは就寝中だけで5回位トイレに行きます。

頻尿はなぜおきるのか? というのをテレビでやっていたので、気になる原因と予防方法をまとめてみました。

頻尿の原因


・脳や脊髄など神経のトラブル・加齢による筋力低下・膀胱を支えている骨盤底

・筋の筋肉や前立腺の問題・心理的な緊張や不安からおこる頻尿

「一番健康を保てる排尿回数は一日3〜8回」

この回数の人たちは病気が少なく、尿の回数が3〜8回より少なすぎても多すぎても病気が増えると言われています。

1日に飲む水の量は?


1ℓ〜1.5ℓが理想です
 
ダイエットで水をたくさん飲んだりする人もいると思います。

水を大量に飲むことによって老廃物を出した方が良いと言われていますが、頻尿予防には良くないので頻尿の人は控えた方が良いです。


頻尿の予防方法


それは少し我慢すること


我慢しすぎると膀胱炎になるというのは迷信なんだそうです。  
適切な回数が一番病気にならない。 
何回もトイレにいっている人の方が膀胱炎になりやすい。 

ということで

・尿意を催してから1〜2分我慢する癖をつける

・1日8回以上トイレにいっている人は我慢する 

この2つをすることで膀胱の訓練になります。

尿トラブルの共通原因は?

頻尿以外にも尿漏れ、残尿感などの尿トラブルの共通原因には膀胱が硬くなっている可能性があげられます。
成人の排尿時間は平均20〜30秒。 
これよりも早かったり遅かったりすると膀胱が硬くなっているかもしれません。
膀胱は風船のように柔らかく弾力があるので尿が出やすくなっています。
しかし膀胱が硬くなっていると伸縮性がなくなるので尿が出ずらくなる。 

膀胱は心臓から一番遠い臓器なので血液が届きにくく血流から得られる酸素が減ると硬くなったり、年を重ねるほど血流が悪くなって膀胱が硬くなる傾向にあります。

膀胱を硬くしない為の予防方法

膀胱を硬くしない為の予防方法...

それは
血行を良くすること 

カイロなどで下腹を温めたりすると効果的ですが、膀胱を柔らかくする為の体操もおすすめです。


~膀胱を柔らかくする体操~

①リラックスして立つ
②息を吐きながらお尻の穴をしめる
③5秒くらいしたらリラックスして息を吸いながらお尻の穴をゆるめる

いかがだったでしょうか?
少しでもトイレに行く回数を減らして快適に毎日を過ごしてほしいと思います!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました