佐野サービスエリアがスト終了!営業再開はいつ?社長や元部長はどうなった?

8月14日から始まった佐野サービスエリア(SA・上り)のストライキで、「ケイセイ・フーズ」を不当解雇された加藤正樹元総務部長が9月23日にフェイスブックでストライキの終了宣言をしました!

今回は「佐野サービスエリアがスト終了!営業再開はいつ?社長や元部長はどうなった?」という内容でまとめてみました。

佐野サービスエリア(上り)の営業再開日は?

ストライキを続けていた従業員約60名中一部は9月22日の午前6時から職場に復帰。

「佐野サービスエリア上り」は9月24日午前11時から通常営業に戻るそうです。

ストライキ開始から39日めだそうです。

加藤正樹さんのコメント

「今回の場合、“負ける”ということは、従業員にとって、生活の基盤を失うことを意味します。
特に高齢者の皆さんは、再就職もままならない。
私は、そのリスクを冒させてしまった責任の重さに、なんとか持ちこたえなければならない・・・本当に苦しい日々。
大きな後悔と反省をし続け、なおかつ、勝つための努力をし続けた日々でもありました。
そんな中、一旦は“負け”を覚悟した私たちが、職場に復帰までたどりつきました。
39日と3時間。 本当に長く、苦しい戦いでした。

現在、正常化に向けて、引継ぎ作業等を実施中です。佐野サービスエリア(上り線)は、9/24(火)11時をもって、通常営業に戻ります。従業員一同、皆様のお越しを、心からお待ちしております」

加藤正樹さんのTwitter

ケイセイフーズの社長と元部長加藤正樹さんは?

ストライキ開始後、佐野SAの現場を取り仕切っていたのは、預託オーナー商法で社会問題となった企業の関係業者でした。その業者がサービスエリアのスタッフを募集していた。社会問題になった業者に、私たちの職場を“占拠”されたのです。彼らの豊富な資金力で持久戦に持ち込まれ、勝ち目はなくなりかけました。

 そこまで追い込まれましたが、最後まで訴え続けたのが、サービスエリアを監督するネクセリア東日本とケイセイ・フーズが取り交わした契約にある、『再委託禁止』という項目についてです。『今回の募集はこの項目に抵触する』と、私は訴えてきました。(※ネクセリア東日本は東北道を管理・運営するNEXCO東日本のグループ会社でケイセイ・フーズに対して店舗を貸与している)

 すると、関係者を通じて経営側から『岸社長ら現経営陣が退陣し、新たな社長となる。9月22日に戻ってきてほしい』という連絡を9月17日に受けました。にわかには信じられませんでしたが、実際に戻ることができた。これがおおよその経緯です」

出典:https://bunshun.jp/articles/-/14248?page=3

 

岸敏夫社長が退任する運びとなりましたが、ケイセイ・フーズ側は全従業員の復帰に「加藤氏の辞職」という条件をつけてきたそうです。

これをうけて加藤さんはこう語っています。

「業務の引き継ぎや消費税対応などもあり、まずは従業員の皆さんと一緒に戻り、最低限営業ができる状態に戻したいと考えています。その先のことはわかりませんが、会社の財務状況に問題がないことを確認し、現在取引停止中の取引先の皆さんに再開をお願いしたい。できるだけはやく、営業を正常化させたいです。

 お客様には大変ご迷惑を掛けました。これは経営側だけでなく、私たち従業員もお詫びしなければなりません。でも、このストライキ中、今まで多忙のために、ろくに話も出来なかった従業員たちが、連日のように会合を開き、研修や準備を続け、スタッフ間の結束が固まった。迷惑をお掛けした分、今まで以上の接客でお客様をお迎えしたいです」

ネットの反応は

まとめ

佐野サービスエリアのストライキは長かったですね。

このまま新しい従業員で運営されるかと思いましたが、やはり大変だったようです。

でも加藤さんに対する条件をみると手放しで喜べないですね。一緒に戦ってきた従業員たちは「加藤さんの辞職という条件」を知ったらどう思うんでしょうか…

今後もどうなるか確かめたいと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました