ミス・ユニバースの基準とは?加茂あこさんが日本代表で世界大会に出場!過去に優勝した日本人は誰?

8月22日に『2019ミス・ユニバース・ジャパンファイナルNEW ERA』が行われ、兵庫県出身の現役大学生・加茂あこさんがグランプリに輝きました!

知花くららさん、森理世さんなどの人気モデルも「ミス・ユニバース」出身です。

グランプリの加茂あこさんは、今年の冬に開催される『ミス・ユニバース世界大会』に日本代表として出場します。

今回多く聞かれたのが「ミス・ユニバースの基準がわからない」という声です。

そこで今回は「ミス・ユニバースの基準とは?加茂あこさんが優勝で世界大会に出場!過去に優勝した日本人は誰?」という内容でお送りします。

日本代表として優勝した加茂あこさんのプロフィールなども調べてみました!

関連記事:ミス・ユニバース世界大会で日本人として初優勝したのは児島明子さん!どんな経歴の持ち主?

ミス・ユニバースの基準は?

加茂あこさんが『2019ミス・ユニバース』のグランプリに選ばれた後、ネットではネガティブな意見が飛び交っていました。

そこで『ミス・ユニバース』の基準を調べてみました。

ミス・ユニバースは世界4大ミス・コンテストのひとつであり、世界中でもっとも知名度の高いコンテストです。

公式サイトによると

世界に通用する現代女性とは、外見だけでなく豊かな人間性・知性・自信に溢れている

スーパーモデルのようなビジュアルや立ち振る舞い、煌びやかな美しさ…

それは世界で活躍する女性に必要不可欠な要素です。ですが表面的な美しさだけで女性の美を競う時代は終わりました。

現代社会における ” 本当に美しい女性 ” とは・・・

豊かな人間性と知性をもって人々を魅了し、影響を与え自らの力で自立し社会で輝くパワーを持った女性です。】

この「現代社会における美しい女性」というコンセプトに相応しい女性として選ばれたのが、加茂あこさんだったんですね。

ミス・ユニバースの審査の様子を見ると、ファイナルに選ばれるまでかなりの努力をしたんだろうなというのが伝わってきます。

加茂あこさんはアジアンビューティーで、きちんと自分の考えを述べることが出来る人という印象を持ちました。

ミス・ユニバース世界大会で優勝した日本人

『ミス・ユニバース世界大会』で優勝した日本人は今までに2人しかいません。

そのお2人を見ていきたいと思います。

児島明子

1959年(昭和34年)にアメリカで開催された第8回ミス・ユニバース世界大会で優勝したのが児島明子(こじまあきこ)さん、現在82歳。

ミス・ユニバースの世界大会でアジア人としても、日本人としても優勝を獲得したのは児島明子さんが初めてでした。ある意味、歴史を変えた人ですね。

そして児島明子さんは俳優の宝田明さんの元妻だそうです!2重にびっくりですね。

森理世

2007年のミス・ユニバース日本代表の森理世(もり りよ)さん、現在32歳。

ミス・ユニバース世界大会では、日本人として48年ぶりに世界大会で優勝。現在はモデルやダンスの指導者などをしています。

加茂あこさんのプロフィール

今回「2019ミス・ユニバース」で優勝し日本代表になった加茂あこさんのプロフィールです。

名前】加茂あこ

年齢】21歳

身長】167cm

出身地】兵庫県宝塚市

【趣味・特技】ダンス・歌・絵を描くこと・バレエ

尊敬する人】マザー・テレサ

13キロのダイエット

加茂あこさんはミス・ユニバースに応募するために体重を13キロも落としたそうです。

半年から1年ほどかけて減量しました。自分自身の体型が変わると自信がついて、それが強さにつながったなと感じています

と言っているので、急激なダイエットではなく食事制限や運動で徐々に減量していったのではないでしょうか。

それでも13キロも体重を落とすのは凄い意志と努力の結果ですね。ダイエット本を出版したらあっという間に売れそうです。

芸能活動はしてる?

加茂あこさんはモデルや芸能活動は今までしたことがないそうです。

ですが、ミス・ユニバースの大会審査中に『STYLER』という韓国雑誌の表紙になったようです。グランプリ発表前に既に注目されていたのかもしれないですね。

本人のTwitterによると

『モデル経験マイナスからのスタートですのでどうぞお手柔らかに。性格は一言で言うと七色に変化する水晶玉』

ミス・ユニバース発表後の取材では「表舞台に立って自分の発信力をつけていきたい。世界で通用する女性になりたいというのが幼少期から持っていまして、自分の目標として自立した心の美しい国際人になるということを目標に掲げています」とコメントしています。

まとめ

『2019ミス・ユニバース』でグランプリを獲得したときはこみ上げるものがあり、思いがあふれて涙を流していた加茂あこさん。 

モデル未経験からの4ヶ月間のレッスンはとても大変だったでしょうね。

「世界大会ではもっと自分を知り、ダイナミックにアピールしたい」と言っていたので日本代表として頑張ってほしいですね!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました