佐分利彩容疑者の女芸人としての画像や経歴は?ストーカーで逮捕されるがふかわりょうには彼女の噂あり?

芸人のふかわりょうさんに付きまとい、ストーカーをしたとして元女芸人の佐分利彩(さぶり あや)氏が逮捕されました。

佐分利彩容疑者はどんな芸人だったのか?プロフィールと芸人としての経歴。

そしてふかわさんに恋人はいたのか?恋愛の噂も調べてみました。

佐分利彩(さぶり あや)のプロフィール

名前:佐分利彩(さぶり あや)
生年月日:1978年5月1日
血液型:A型
身長:166cm
所属:げんしじん事務所に所属していた

佐分利彩容疑者は「にわとりとたまご」というコンビ名で相方の福田真希子(ふくだ まきこ)さんと活動していました。

にわとりとたまごはワタナベコメディスクールの1期生出身です。

佐分利彩容疑者は過去にピン芸人としても活動。2010年10月より約半年程坊主頭にしています。

にわとりとたまごは2002年に結成し、2012年9月に解散しています。

解散後の佐分利彩容疑者は2014年頃に芸人時代と同じバイトをしていたようですね。

現在も同じところで働いてるのかは不明です。

にわとりたまごの芸風

以前は佐分利が自分の事を可愛いと言い、福田がブスであるといい続け、最後に福田が佐分利へ「あなたはバカでブスじゃん」と言って終わる漫才をしていた。この漫才から派生するような形で、二人がエステへしみ取りに行くという設定のコントがあり、この中では佐分利が福田へ「ブスなんだからシミを気にするな」と言い、福田がシミの気持ちになって反論するというなどの内容がある。

またクラリネットの練習をしている福田の所へ佐分利が現れ、「チョムチャッカ様の話を聞きましょう」と勧誘するようなことなどを始めるコントがある。

最近は佐分利がビキニ、福田がスクール水着と共に水着姿となり、「○○アイドルになりたい」(○○にはものまねなどが入る。)等のネタをしている。元々は佐分利が「3003年から来た缶ぽっくりアイドル『ポニー』」に扮した漫才をしており、自己紹介をする際は靴下のロゴである「PONY」を指していた。

最初、佐分利がボケ、福田がツッコミというポジションでやっていたが、後に、ネタによってはお互いのポジションが逆のようになったネタも演じることもあった。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

「にわとりたまご」のネタ

賞レース等の戦歴

  • M-1グランプリ2009 2010 2回戦まで進出
  • キングオブコント2008 2回戦まで進出
  • キングオブコント2009 2010 1回戦敗退
  • R-1ぐらんぷり2010 1回戦敗退 (佐分利のみ)

佐分利彩(さぶりあや)容疑者の言い分は

報道によると元芸人の佐分利彩容疑者(41)は、ふかわりょうさんのいる収録スタジオに現れるなどストーカー行為を繰り返し警告を受けていました。

「ふかわさんのことが好きで、結婚したいと思っていた」と供述しているそうです。

ふかわりょうは過去にモデル風美女と噂が!

ふかわりょうさんは以前「モデル風の美女と同棲しているのでは?」と女性週刊誌にすっぱ抜かれています。

ふかわりょうさんは現在44歳。この記事によるとふかわりょうさんが43歳となっているので2018年の記事だと思われます。

    image

「浮いた話がまったくないふかわさんですが、実はずっと付き合っている恋人がいるんです。さらにその女性とは、ふかわさんの自宅で半同棲していると聞きました」(ふかわの知人)

 

人気情報番組『5時に夢中!』(東京MX)の“イジられMC”としてお茶の間から愛されている、お笑い芸人のふかわりょう(43)。ほかにも『ひるおび!』(TBS系)やラジオ番組『きらクラ!』(NHK-FM)など、テレビ以外も含めると現在6本のレギュラー番組を抱える多忙ぶりだ。そんな彼の“充実プライベート”を本誌が初めてキャッチしたのは、2月上旬のことだった。

 

午前10時過ぎ、都内の閑静な住宅地にたたずむ自宅から、全身グレーの上下にサングラス姿のふかわが外出。近くの契約駐車場に停めてあった高級外車を運転し、また自宅へと戻ってきた。数分後、玄関から現れたのは、ふかわの愛犬を抱いたモデル風の美女!タイトなワンピースに黒のブーツをはいたその女性は慣れた様子で助手席に乗り込んだ――。

 

翌日、今度は女性が同じ高級外車を運転してふかわの自宅前に横付けした。どうやら2人は愛車をシェアしているようだ。近所の住人はこう証言する。

 

「彼女がふかわさんのワンちゃんを散歩させているところをよく見かけますよ。ワンちゃんもその女性にすっかり懐いていました」

 

たしかに記者が目撃したときも、女性に抱かれた犬は完全にリラックスしている様子だった。それだけ頻繁にふかわの愛犬の世話をしているということなのだろう。

 

「幼少期、ふかわさんは野良犬を見捨てられず家に連れ帰り、家族の反対を押し切ってまで飼っていたほど、昔から大の犬好きです。彼女も同じく大の犬好き。そうした共通点もあって、交際に発展したのでしょう」(前出・知人)

 

別の日に記者が目撃したときも、やはりふたりの間には愛犬の姿があった。“3人”で自宅から出てくる様子は、もはや家族同然。その後も本誌は連日、ふかわの自宅に出入りする女性の姿を確認している。

 

2人の関係についてふかわの所属事務所に問い合わせると「もう大人なので、私生活は本人に任せております」との回答があった。独身貴族を貫いてきた彼ももう43歳。そろそろ結婚もあるのか――。ふかわは過去のインタビューで、自身の結婚観についてこう語っている。

 

《兄の子どもたちと触れ合う機会もありますが、『自分も結婚して子どもが欲しい』という強い願望はないですね》(13年9月12日号『週刊文春』)

 

子どものように可愛がっている愛犬が繋いでくれた縁で、その価値観が少しずつ変わってきたのかもしれない。

引用元:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1614933/

まだ付き合っているのかはわかりませんが、もしに彼女がいるのならふかわさんも彼女も今回のことでとても怖い思いをしたでしょうね。

みんなの反応

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました