星野源がラジオで京アニを追悼!選曲した7曲は?

星野源さんが23日の深夜に放送された自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」で自身が選曲した曲を流しとても話題になっていました。

7月18日に京都・伏見にある京都アニメーションの第1スタジオでおこった放火事件をうけて、星野源さんは「京都アニメーション」が制作したアニメの曲を流しています。

アニメ好きの星野源さんが選曲した曲はなんだったのか調べてみました。

星野源はアニメ好き

星野源さんはファンの間ではアニメ好きとしてしられており、特に「アイドルマスター」が好きなことで有名です。

「アイドルマスター」はゲーム、アニメとハマり「アイドルマスターシンデレラガールズ」のライブまで行ったそうです。

選曲は京アニが制作したアニメの曲

7月23日の「オールナイトニッポン」で星野源さんは京アニが制作したアニメの主題歌を7曲かけていました。

  • もってけ!セーラーふく(らき☆すた)
  • 青空のラプソディ(小林さんちのメイドラゴン)
  • ドラマチックマーケットライド(たまこまーけっと)
  • 優しさの理由(氷菓)
  • ヒャダインのカカカタカタオモイC(日常)
  • 止マレ!(涼宮ハルヒの憂鬱 )
  • 鳥の詩(AIR)

今回の選曲の意図について星野源さんは番組内で発言することはなかったようですが、放送された7曲が京アニ作品だと気付いたファンは多かったようです。

大のアニメ好きで知られる星野。これまで本番組や著書のなかで星野はアニメへの深い愛を公言していた。また、14年に発売された星野の対談集『雑談集』(マガジンハウス刊)のなかで、『らき☆すた』や『氷菓』などの監督を務めた同社の武本康弘さんと対談。そのなかで星野は「アニメーションが本当に好きになったきっかけは『らき☆すた』なんです」と語っていた。そして、この日流した7曲は未だ安否が不明な武本さんが携わったアニメのものだった。

放送中に今回の事件について直接は言及しなかったが、京アニ縛りの選曲という形で追悼の気持ちを示した星野。星野からの“無言のメッセージ”に、感謝する京アニファンが続出。ネット上では《自分からは何も語らず、楽曲をオンエアすることで想いを伝える。 京アニの作品を楽しみ、救われたと常々語っていた源くんの今の心境を思うと…》《星野源の口では語らないってやり方すごく好き。京アニ作品の曲を流してくれてありがとう》といった声が多く見られた。

(@niftyニュースより)

引用元:https://news.nifty.com/

『らき☆すた』や『氷菓』などの監督を務めた武本康弘さんと対談されていたんですね。

実際にお会いしていた人がこんな事件に巻き込まれたら相当ショックが大きいですよね。

みんなの反応

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました