吉本が会見で小林弁護士に丸投げ?マイクの揺れは岡本社長の圧力?

7月22日に吉本興業の代表取締役、岡本昭彦氏が都内で会見を開きました。

その際に同席していた吉本興業の顧問弁護士の小林良太さんが話題になっています。

「イケメンめがね」などと言われてましたが、気になったのは会見中に岡本社長が何度も小林さんに話を振っていました。

小林弁護士とはどんな人なんでしょうか?

小林良太さんプロフィール

【名前小林 良太(こばやし りようた)

【役職】吉本興業 法務本部長

【職業】弁護士

小林良太さんは2017年1月から吉本興業の法務本部長として勤めており、自身のことを「エンタメロイヤー」と言っています。

エンタメロイヤーとは、「エンターテイメント」と「ロイヤー(法律家)」を合わせた言葉だそうです。

小林良太弁護士は吉本興業の顧問弁護士なのでエンタメロイヤーと自分で言っているのかもしれないですね。

更に「株式会社よしもとミュージックの取締役」に名前を連ねているようです。

小林良太弁護士に話を振る岡本社長

会見の前に小林良太弁護士から30分ほど宮迫さんを契約解消した経緯などの説明があり、その後岡本社長か登場。

記者会見の流れとなりました。

「在阪・在京のテレビ局は吉本が株主だからと言ったのは事実か?」という質問に

「この件に関しては、弊社法務の小林が認識していますので、小林から」と岡本社長。

その後も「在京5社、在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫っていう言葉の真意は?」

という質問に「それに関しては小林の方から説明します」とまた小林弁護士に振りました。

小林弁護士自ら説明する箇所もありましたが、会見の後半はかなり「小林から」のフレーズが多かったですね(^^;

マイクの揺れが気になる!

小林良太弁護士については、会見中に話をするとき、マイクが揺れすぎ!マイクのゆれが気になる!とネットで話題になっていました。

岡本社長からの圧力が凄いのか?なども言われていましたがテレビ慣れしてないし、長時間の記者会見で何度も同じような話を振られて緊張が疲れが出てしまったような気もしますね。

更に亮さんの会見の事を「錯乱」と語り、ざわついていました。

思わぬ形で有名?になってしまった小林良太弁護士ですが、もしかしたらこれからもテレビで見る機会があるかもしれないですね。

「笑ってはいけない」に出てほしいという声もありましたが、実現したらかなり反響がありそうです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました