ワイドナショーが生放送!宮迫会見について松本人志が語った芸人と吉本興業の今後とは

7月20日に雨上がり決死隊の宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが闇営業について記者会見を行いました。

それを受けダウンタウンの松本人志さんの番組「ワイドナショー」で松本人志さん、東野幸治さんによる緊急生放送が行われました。

宮迫さんと亮さんの記者会見の後に松本人志さんはTwitterで「後輩芸人達は不安よな。松本動きます」という呟きをしていました。

その翌日にワイドナショーが放送ということでで何を語るのか?注目を集めていました。

闇営業の会見について松本人志さんは?

「最初のフライデーが出た時、あのイベントの動画を見た時に誰もノーギャラと思えないから、世間の人は絶対納得しないから、そこは認めないと、反社とは知らなかったということすら疑われてしまうよ。信じてもらえなくなる」と松本さんは宮迫さんに話していました。

松本さんは会社とも宮迫さんとも連絡を取りながらやり取りをしていたけど、途中でこれ以上首をつっこんだらややこしくなると一旦引いて連絡をとらず見守っていたそうで、吉本からは「今こういう状況です」という連絡は何度も受けていたそうです。

会見を見て松本さんは「自分の知らない事実があまりにも多すぎて俺も騙されていた気になって、このままでは吉本は絶対に良くない、この会見をみて手のひらを返すように2人がやったことが急に悪から善になる事はないけど、発端は彼らかもしれないけどここまで追い込んだ、信頼関係がなくなってしまった会社は絶対に良くないし、このままだと吉本興業が壊れていく、つぶれていくんじゃないかという危機感は大分持ちました。」と話していました。

更に彼らがあんなに何度も謝っているのに最終的には岡本社長に会ってももらえなかった、記者会見さしてもらえない、会見をするとしても吉本が作った台本の中でしか出来ないのではなんの意味もないし時代を読み間違えた会社じゃないのかと思ったそうです。

しかし、宮迫さんはサービス精神が旺盛で写真を頼まれたら断らない人なので、ヤンチャな人たちとも平気で写真を撮ってしまう。

正直、今後またどんな写真が出てくるかわからないというようなことも言っていました 。

松本人志Twitterでの発言について

松本人志さんはTwitterでの発言について質問されるとこんなことを言っていました。

吉本興業は日本の人達を楽しませる、面白くするための会社であってこの1ヶ月くらい全然面白くなくて、若手たちと仕事終わりにご飯を食べていても笑ってはいても心で笑ってない。

本番中は笑っているけど本番終わるとみんな顔が曇っていた。

このままじゃ良くない思って吉本というかお笑いが好きだし、お笑い芸人が笑ってもらえないことに憤りを感じるので、僕自身の問題。お笑いは凄いんだと50年やってきて自分たちのやってきたことがまるで失敗だったようになってしまうのが絶対に許せないので結局自分の為でもあるんですけどね。

更に吉本の「宮迫さん田村さんの連帯責任でクビにする」という発言についてもこんなことを会社に話したそうです。

いつから会社がそんなに偉そうになったのか?

芸人ファーストじゃないと何の意味もない。芸人がいてこそのあなたたちでしょ。

みんながお金をもらったことを聞いたときに松本さんが会社はどうするの?と聞いたら「ちょっと静観します」と言われたそうで、その時に「だったら吉本にいられないかもしれない、この吉本興業にはいたくないかも。こんな吉本じゃダメだ、考えさせて下さい」と言いました。

その後に芸人さんが謹慎処分になったということです。

そのことで「僕がやっていることは後輩たちを謹慎に追いやっただけだったのかな」と落ち込んだそうです。

松本さんはこのままでは吉本興業という会社自体が良くないと思ってTwitterであのような発言をしたんでしょうね。

吉本に話し合いに行った松本人志、東野幸治

2人が会見を行った7月19日に吉本の本社に松本人志さん、東野幸治さんは行ったそうです。

そこで社長や上の人と話し合いをしたと言っていました。

ギャラ問題、会社が変わらないといけない、会見をさせないとこの会社はもうダメだというような話をした。

更に松本さんは「吉本興業内に1個松本工業のような部署を作って、やらかした子達とかイエローカードになった子達を引き取るから、自分が保証人になるからちゃんと活かしてやってくれ。お笑いが好きでやってきた子達を自分の意思で辞めるんじゃなく会社側からクビにさせるのは絶対に違と思う」とお願いして吉本側は受け入れてくれたようです。

これについて、さんまさんも同じような事を言っていたそうで松本さんは俺がさんまさんのところに行こうかなと笑いを交えていました。

吉本興業の今後について

視聴者から吉本の芸人に対する切り捨て間についてどう思うかという質問に

横暴になっているところはある。テレビ局にたいしても大名商売をしていると感じることがちょこちょこ見受けられる。もう一回初心に帰って、東京に来た頃の赤坂の8帖のワンルームマンションに、ホワイトボード1個、黒電話2個しかなかったところから始まっているので、そのときの気持ちに戻ればもっとみんなから愛される会社になると思うし、みんなお笑いが好きで吉本が好きで集まってきた子たちなので大事に扱ってほしいなと思います」と語っていました。

松本さん、東野さん、岡本社長、大崎会長の4人で長時間話したそうできちんと真摯に話を聞いてくれたそうです。

岡本さんについては20年くらい前から気になっていた。たまに言葉遣いが横暴であったりというところが気になると大崎さんにい言っていたことがあった。

そういうのがたまに出ちゃうことがある。この時代にそれは絶対にありえないしやめろと本人にも散々言った。

もしこれ以上問題が大きくなったら大崎さんに「自分たちの進退も考えないといけない」と言われたそうで「大崎さんがいなくなったら俺もやめる」と松本さんは言ったそうです。

吉本興業の代表取締役社長、岡本昭彦さんは元々ダウンタウンのマネージャーをやっていた方です。更に吉本興業の会長大﨑 洋さんはマネージャー的存在、副社長の藤原 寛さんもダウンタウンのマネージャーでした。

松本さん、東野さんは「大崎さん、岡本さんとずっと一緒にやってきたから喋りやすいし気を使わないけど、若手の人は喋りにくいだろうし僕らに言ってほしい。僕らに言ってくれたらやるんだけど、今回みたいに最初にお金をもらってないと嘘をつかれてしまうとそこで終わってしまう。橋渡しも出来ないのでそこが一番問題だと思う。吉本側も2人の言葉を信じて動いたのに嘘だったというのが事実だしそこは本当に反省してほしい」と言っていました。

そして松本さんは昨日宮迫さんとも久しぶりに電話で話したそうです。

「改めて社長、宮迫さん、亮さんで話し合う場を設けてほしい。やりずらいなら自分が仲裁としていくし。やってくれ」と話したと言っていました。

松本さんの希望としては近いうちに、最後は社長と宮迫さんが乳首相撲をやって解決してほしい。

東野さんも泣きながら行司します、とここでもお笑いを交えて話されていました。

そうなったら本当にわだかまりがなくなって解決しそうですね。

松本さんや東野さんは入江さんやHG、今回の事件に関わった芸人さんのことも心配されていました。

今回のワイドナショーで会社の事も、芸人さんのこともとても考えてくれているお二人なんだなと感じました。

吉本興業の岡本社長から謝罪

ワイドナショーでは吉本興業の岡本社長からの謝罪を放送していました。

『この度は弊社の問題につきまして大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

はじめに反社会勢力からタレントが金銭を受け取ってしまった件につきまして被害者の方々に対し事務所を代表してお詫び申し上げます。

またファンの皆様、関係者の方々にも大変ご心配ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

昨日のような会見をタレントにさせてしまったことを大変心苦しく思っており、つきましては明日私の方から会見を開かせていただいてご説明をさせていただければと思います。

この度は申し訳ございません。』

ということで明日、代表取締役の岡本さんから会見があるということです。

これについて松本さんは「岡本をワイドナショーに呼んで今回のことをやってもいいかと思ったけど、それをやるとなあなあ感が出てしまうのでやめた」と言っていました。

明日の吉本興業の会見を待ちたちと思います。

こちらもおすすめ→吉本で闇営業をしていたメンバーは誰?11人が謹慎で謝罪の言葉

こちらもおすすめ→ダウンタウンの元マネージャーが社長に!ガキ使で出世?副社長と会長もガキ使とごっつええ感じに出演していた

こちらもおすすめ→さんまがラジオで宮迫を欲しいとスカウト?さんまの考える芸人復帰プランとは?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました