神田松之丞とは?講談と落語の違いや階級まとめ

今日は神田松之丞さんの独演会に初めて行ってきました!
神田松之丞さんはチケットがなかなか取れない事で有名な、今人気の若手講談師さんです。
講談のお仕事以外にもテレビやラジオでも活躍されています。
落語はテレビの「笑点」などでも有名ですが、講談というとなんとなくしかイメージがわかないですよね。
そこで、講談と落語は何が違うのか?そして神田松之丞さんのプロフィールについても調べてみました。

神田松之丞とは?

講談師名:神田松之丞(かんだ まつのじょう)
本名:古舘 克彦(ふるたち かつひこ)
誕生日:1983年6月4日生まれ。
日本の講談師。
日本講談協会、落語芸術協会に所属。
高校卒業後の浪人生時代に立川談志独演会の高座を見て、立川談志のファンになる。
談志の追っかけとなり、講談師になることに。
2007年11月、3代目神田松鯉(しょうり)に入門。そこで神田松之丞と命名される。

2012年、二ツ目に昇進。

2015年10月、浅草演芸ホールで行われた「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝。

2016年、新宿末廣亭の推薦で、真打への昇進が落語芸術協会の理事会の議題に挙がったが、否決となる。

2017年、平成28年度花形演芸大賞銀賞受賞。二ツ目でありながら独演会で定員数百人の会場を満員にするなど新進気鋭の講談師として注目を集める。

2018年、第35回浅草芸能大賞新人賞受賞。12月に行われた落語芸術協会の理事会において、2020年2月11日に真打に昇進することが承認されます

落語芸術協会の香盤(落語家内部の序列を表すもの)においては落語家を9人追い抜いての抜擢昇進となりますが、落語芸術協会は落語と講談の香盤は別物と判断。

落語芸術協会では長らく会長であった桂歌丸が抜擢真打に否定的な考えを持っていて、その意志に従い講談師としては順番を守る形での昇進となった。

落語芸術協会での真打抜擢昇進は春風亭昇太以来27年ぶりとなります。

2019年、平成30年度花形演芸大賞金賞受賞。

講談師とは?

演者が高座におかれた釈台(しゃくだい)と呼ばれる小さな机の前に座り、張扇でそれを叩いて調子を取りつつ、軍記物や政談など主に歴史にちなんだ読み物を観衆に対して読み上げる日本の伝統芸能の一つ。

講談の階級は?

見習い、前座、二ツ目、真打。

見習いは師匠によって期間に差があるものの1ヶ月~3カ月。

3~6年ほど前座として修業して二ツ目になる(二ツ目は2番目に高座に上がるので二ツ目と言います)

真打ち昇進となるには入門から12~15年ほどかかるそうです。

真打ちになれば弟子もとれるようになり一人前となります。

講談と落語の違いは?

講談

講談は話を読む芸。人が興味を持つテーマを実際に合ったことのように、張扇で釈台を叩き、リズムを取りながらうまく語っていきます。

講談は歴史が古くその原型が奈良時代、平安時代の頃にみられます。

食に困った浪人が老若男女を集めて「太平記」を面白おかしく読んで聞かせたというものが「講談」の始まりと言われています。

嘘の話でも本当のように聞こえてしまうしてしまうのが講談の話し方。

それを表すような有名な言葉に「講釈師見てきたような嘘をつき」というのがあります。

【落語

一方、落語は会話形式になっていて人を笑わせることを目的とした話芸になります。

落語家がその登場人物になりきって役を演じながら、会話をして物語を進めていきます。

内容は庶民の日常話しなどのネタが多く、話の最後にオチをつけます。

元々は講談の演目だった話しを落語でも取り入れていることがけっこうあるそうです。

松之丞さんの話によると
講談師は80人
落語家は800人
という事で講談師さんの方が圧倒的に数が少ない絶滅危惧職。
師匠達も70代が多いのでこれからの講談界の為に、色々と頑張っているようです。
テレビのバラエティー番組に出たりするのも「講談」というものを若い世代にも知ってもらい、新しい層の講談ファンを増やすという目的もあるようです。
今現在の講談ファンは年齢層が高いので、新しい世代の講談ファンも取り込んでいかないと「講談」そのものが衰退していってしまう…ということでメディア露出も積極的にしているとお話ししていました。
ちなみに講談師は男女比にすると女性が多いとか。
私が知っている女性講談師は一龍斎貞友さん。
ちびまる子ちゃんのお母さんの声優で有名な方です。

劇場版シティーハンターを見に行った時にも、冴子さんの声優名が麻上洋子さんから一龍斎春水さんに変わっていたので、声優兼講談師がこれからも現れるかもしれないですね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました