シンシア・エリヴォのプロフィールと受賞歴や経歴は?ハリエットでアカデミー賞にノミネートされた歌声とは?

3月に公開される映画「ハリエット」で主演を務めるシンシア・エリヴォさん。

映画「ハリエット」でアカデミー賞にノミネートされた女優・歌手の方です。

(※ハリエットは3月27日に公開予定でしたが新型コロナウイルスの影響により6月から劇場公開が始まりました)

日本ではまだあまりなじみのない女優さんですが、2020年1月14日のスッキリで生歌を披露し素晴らしい歌声にみなさん感動していました。

そこで「シンシア・エリヴォのプロフィールと受賞歴や経歴は?ハリエットでアカデミー賞にノミネートされた歌声とは?」ということで彼女について調べてみました。

シンシア・エリヴォのプロフィール

名前 シンシア・オニエディンマナス・チナサオクウ・エリヴォ
生年月日 1987年1月8日 
年齢 33歳(2020年現在 )
身長 154㎝
生まれ イギリス ロンドン ストックウェル
出身校 ロイヤルアカデミーオブドラマティックアート
職業 女優、歌手、ソングライター

シンシア・エリヴォの受賞歴

シンシア・エリヴォさんの受賞歴です。

ノミネートされたものの受賞していない作品は省いてあります。

受賞年 賞の種類 作品名
2016年

トニー賞:主演女優賞 

カラーパープル
2016年

ドラマ・デスク・アワード賞

カラーパープル
2016年

シアター・ワールド賞

カラーパープル
2016年

アウター・クリティクス・サークル賞

カラーパープル
2017年

デイタイムエミー賞(他のキャストと共有)

カラーパープル
2017年

グラミー賞:最優秀ベストミュージカルシアターアルバム

カラーパープル
2019年

ハリウッド映画賞:ブレイクアウト女優

ハリエット
2019年

ハリウッドミュージックインメディア・アワード:最高のオリジナルソング–長編映画

「スタンドアップ」ハリエットより
2019年

女性映画批評家サークル賞:主演女優&最高の女性アクションヒーロー

ハリエット
2020年

パームスプリングス国際映画祭:画期的なパフォーマンス賞

ハリエット
2020年

サンタバーバラ国際映画祭賞:ヴィルトゥオーゾ賞

ハリエット
2020年

SCLアワード:ビジュアルメディア向けの優れたオリジナルソング

「スタンドアップ」ハリエットより

シンシア・エリヴォの経歴

シンシア・エリヴォさんは、南ロンドンのストックウェルでナイジェリア人の両親の元に生まれました。お母様は看護師をしています。

エリヴォさんはイーストロンドン大学で音楽心理学の学位を取得しましたが、学位を取得してから1年後には大学を辞め、ロイヤルアカデミーオブドラマティックアート(王立演劇アカデミー)に応募し、トレーニングを受けています。

「ロイヤルアカデミーオブドラマティックアート」はイギリスのロンドンにある演劇学校で、卒業生にはケネス・ブラナー やアンソニー・ホプキンスなど他にも多数の有名人がいます。

シンシア・エリヴォさんが注目をされるようになったのが「カラー・パープル」というミュージカルです。

「カラー・パープル」は1985年にスティーブン・スピルバークが監督を務めた映画作品(原作は小説)で2005年と2015年にはミュージカルにもなっています。

≪カラーパープルのあらすじ≫

20世紀初めのアメリカ南部。14歳の少女セリーは父親の性的虐待により子供を出産。

父は生まれた赤ちゃんを他の家に売り飛ばし、セリーは「ミスター」と呼ばれる男と強制的に結婚させられます。しかしミスターはセリーの妹ネティに好意を寄せていました。高圧的なミスターの家で前妻の子供の世話と家事に追われ奴隷のような生活を送るセリーでしたが…。

チェックカラーパープルを動画配信してるのはどこ?無料で見る方法は?

 

シンシア・エリヴォさんは2013年にオフ・ウェストエンドで上演された「カラー・パープル」の主役セリーを演じました。

2015年に再演されたブロードウェイの「カラー・パープル」でも、シンシア・エリヴォさんは再び主人公セリー役として出演。

セリーのソロ曲「I’m Here」を歌い終えるとまだ劇中にも関わらず、スタンディング・オベーションが巻き起こり、ショーがストップしてしまったんだとか。

力強い歌声が本当に素晴らしいです!

 

・「I’m Here」

2016年「カラー・パープル」でトニー賞・ミュージカル主演女優賞を獲得。

2017年には「カラー・パープルサウンドトラック」でミュージカルシアターアルバムグラミー賞を受賞。

他にも「天使にラブ・ソングを」、「ラスト5イヤーズ」などの舞台にも出演しています。

2018年には「オデッセイ」のドリュー・ゴダードが手がけたサスペンス映画「バッド・タイムズ・アット・ジ・エルロワイヤル」、「妻たちの落とし前」にも出演しました。

残念ながら受賞はしませんでした。

2020年1月14日のスッキリでは「Glee」 にも出演しているマシュー・モリソンさんとシンシア・エリヴォさんがデュエットをして、ライオンキングの「愛を感じて」を歌いあげました。

シンシア・エリヴォのプロフィールや経歴まとめ

シンシア・エリヴォさんはその圧倒的な歌唱力で、歌い終わると拍手が鳴りやまない「ショーストッパー」としても有名な方です。

私も知らなかったんですが、歌声を聞いて本当に感動しました。

これから注目したい女優・シンガーの1人です。機会があれば生歌をぜひ聞いてみたいですね。

これから公開されるハリエットもとても楽しみです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました