ライム病とはどんな症状?ジャスティンビーバー以外にライム病を患った有名人は?

世界的歌手のジャスティン・ビーバーがライム病と診断され闘病をつづけてきたことを、2020年1月8日(現地時間)に自身のインスタグラムで明かしました。

アメリカの芸能サイトTMZでライム病を報じられたことがきっかけで病気を公表したということです。

ライム病とは一体どんな病気でどんな症状が出るのか?

ジャスティンビーバー以外にライム病を患った有名人は誰なのかを調べてみました。

ライム病とはどんな症状?

ライム病とは野鼠や小鳥などを保菌動物とした野生のダニによって媒介される人獣共通の細菌による感染症です。

1976年にコネチカット州ライムで集団発生したことから「ライム病」という名前がつきました。

症状

潜伏期は3~32日間です。

 感染初期には、多くの場合、遊走性紅斑と呼ばれる特徴的な症状がでます。これは、マダニに咬まれた部位に赤色の丘疹が生じ環状に紅斑が広がっていくというものです。また、その際に、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、全身倦怠感などの症状を伴うことがあります。

 その後、病原体が全身に拡がるのに伴い、重度の頭痛や首筋の硬直、咬まれた部位以外の発疹、関節痛や関節の腫れ、筋肉痛、動悸や不整脈、めまいや息切れ、神経痛、手足のしびれや痛み、脳や脊髄の炎症、記憶障害など多彩な症状が現れます。

 感染から数か月ないし数年を経て重症化すると、皮膚症状や関節炎、脊髄脳炎などが悪化し死亡することがあります。

 また、治療が遅れると皮膚や関節などに後遺症が残ることがあります。

引用元:東京都観戦情報センター

早期の段階だとインフルエンザや一般的なウイルス感染症と間違えられる可能性があるそうです。

アメリカでは年間数万人のライム病患者が発生し、年々増加していることから社会的な問題にもなっていて、日本では1986年に初じめてライム病の患者が報告されています。

ライム病を公表したジャスティンビーバー

ジャスティン・ビーバーは顔が吹き出物だらけになった自身の容姿を批判されたり、薬物使用を疑われていたこともあり、体調も良くないことから深刻なうつ状態になっていたそうです。

ジャスティンは「ジャスティン・ビーバーの顔(見た目)はクソみたいだとか薬物をやっているとか言う人も多かったけれど、そういう人たちは、僕が最近、ライム病と診断されたことをわかっていない。それだけでなく、皮膚や脳の機能、活力や健康全体に影響する慢性疾患による深刻な症状を抱えていたことも知らない」と語っていました。

今月末からYouTubeで自身の症状や病状のドキュメンタリー動画を配信していく予定になっています。

ライム病を患った有名人は?

ライム病を患った有名人はジャスティン・ビーバー以外にもいます。

アブリル・ラヴィーン

アブリル・ラヴィーンもライム病を患っていた有名人の1人です。

2015年のコメントでは「息ができず、しゃべることも動くこともできなかった。死ぬんだと思ったわ。虫にかまれただけでこんなことになるなんて思いもしなかった。5か月も寝たきりだったのよ」と言っていて、闘病生活を歌にしたというから凄いですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

I’m considering moving back 🗽

Avril Lavigne(@avrillavigne)がシェアした投稿 –

アシュレイ・オルセン

ドラマ「フルハウス」のミシェル・タナー役で有名な女優さんのアシュレイ・オルセンもライム病を患っていました。

ちなみに双子の姉妹メアリー=ケイト・オルセンと交互にミシェルを演じていたんだとか。

オルセン姉妹としても日本の雑誌などで取り上げられていましたね。

リチャード・ギア

リチャード・ギアもライム病を患っていたというのは驚きでした。

プリティウーマンで有名ですが 黒澤明監督の「八月の狂詩曲」に出演したり、日本の映画のリメイク版「HACHI(ハチ)」や「Shall We Dance?」にも出演しています。

リチャード・ギアは日本好きで愛犬家としても知られています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Richard Gere(@richardgereofficial)がシェアした投稿

ソフィーワード

2018年のザ・世界仰天ニュースでも取り上げられていた人で、オリンピックを目指せるほどの水泳選手でした。

中国でパンダを撫でた際にライム病に感染し、9年間も病名がわからずライム病の症状に苦しめられていました。

ソフィーワード選手はライム病のせいで水泳を続けることができなくなってしまいました。

ライム病の症状と患った有名人のまとめ

ライム病は耳にしない病気ですが、有名人で患っている人が意外といるんですね。

ダニを媒介にしているので誰でもかかる病気というのが怖いです。

ジャスティンビーバーがYouTubeでドキュメンタリー動画を配信するというので、彼の闘病記録はとても貴重だと思います。

現在は大分回復しているということで、今後の活動を応援したいと思います!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました