虫歯の予防に良い歯みがきの仕方とは?/ためしてガッテン

皆さんは歯のケアをきちんとしていますか?食後にきちんと歯みがきをしているのに「なんで虫歯になるんだろう」と思ったことはありませんか?

良く「正しいみがき方」をして虫歯を予防しましょう!と聞くけれど、本当に正しいみがき方が出来ているのかわからないですよね。

そんなとき、虫歯を作らない為の歯のみがき方をNHKの『ためしてガッテン』でやっていました。

虫歯を作らないためにはただ、みがくだけじゃダメなんです。

今までの常識が覆るびっくりな歯磨きの方法を、歯の先進国が実践していました。

そんな驚きの歯みがきの仕方をまとめてみました。

 

 

虫歯の仕組み

食事をした後、歯に残った食べかす(歯垢)に虫歯菌が棲みつきその虫歯菌が糖分を栄養にして酸を出します。

虫歯菌が酸を出して歯を溶かす=虫歯になるという仕組みです。

 

スタジオではこんな実験もしていました。

卵を歯に見立ててお酢の中に浸すと、しばらくして殻から泡が出てきます。

お酢の酸が卵の殻を溶かしてボロボロになってしまいました!これが虫歯の仕組みです。

次に、卵に歯みがき粉を塗って水ですすいでから同じようにお酢に浸します。

すると泡は出ずに、卵の殻も溶けませんでした。これがフッ素で歯をコーティングすると言うことです。

これが卵の殻ではなく自分の歯におきているのかと思うと、虫歯禁の恐ろしさがダイレクトに伝わってきました。

 

 

歯磨き粉にはフッ素が重要!

日本で初めて歯みがき粉が登場したのは江戸時代。主な成分はだったそうです。

房州砂というきめ細かい砂で歯の汚れを落としていました。

明治時代になると炭酸カルシウムなどが主成分の歯みがき粉が登場し、昭和23年に歯みがき粉に劇的な変化がおこりました。

それはフッ素が入った歯磨き粉が販売されたことです。

歯みがき粉が汚れを落とすだけのものから、虫歯の予防も出来る高機能のものになっていきました。

 

現在、日本国内で流通する歯みがき粉の90%にフッ素が入っているそうです。

最新の歯みがき粉に含まれている主な成分は

  • 無水ケイ酸(清掃剤で1000分の20ミリの粒が歯の表面を傷つけずに汚れを落とす)
  • 発泡剤(コーヒーや紅茶などの着色汚れを浮かせて落とす)
  • フッ素(歯をコーティング)
  • その他20種類ほどの材料 などです

虫歯菌の酸から歯が解けるのを守ってくれるのがフッ素

フッ素入りの歯みがき粉で磨くことよって、虫歯菌が近付けないように歯をコーティングしてくれています。

フッ素にはもの凄い効果があることがわかりました!

 

でも、フッ素入りの歯みがき粉を使っているのに何で虫歯になるの?

それは歯のみがき方に関係しています。

 

 

世界一の歯の先進国

世界一の歯の先進国と言われている国が【スウェーデン】です。

虫歯がある人の割合は日本では40代で100%ですが、スウェーデンでは20%程と統計が出ています。

しかもスウェーデン人はお菓子が大好きで、砂糖の消費量は日本人の約2倍!それにもかかわらず虫歯が1本もない人もいます。

70代、80代でも入れ歯の人はほとんどいなくて、自分の歯で固いおやつもバリバリ食べていました。

高齢になっても自分の歯で食事が出来るなんて素晴らしいですよね。

そんなスウェーデンで開発された虫歯を激減させる歯磨きのテクニックをご紹介します。

 

 

効果的な歯のみがき方

 

虫歯を激減させた新しい歯みがき方法をスウェーデンのイエテボリ大学が発見。

それが

『イエテボリテクニック』

このみがき方をすることによって通常の40%も虫歯になるリスクが減少したという結果になりました!

①まず歯磨き粉を2㎝ほど歯ブラシに出します。

※歯磨き粉をケチって少なく付けたら意味がないそうです。

 ②そして普通に磨きます。

③みがき終わったら口を水でゆすがずに、口に残った泡を吐き出します。

④歯みがきの後は最低でも30分は飲食をしない。出来れば2時間が理想です。

これで終了!

水でゆすがないの?!って思いますよね。

水でゆすぐことによりフッ素の効果がなくなってしまうので、口の中にフッ素を残すことで虫歯の予防効果を得ることが重要になります。

歯みがきした後の菌が口の中に残ってしまっても、フッ素を使っていれば歯質は強くなるから虫歯になりにくいんだそうです。

どうしても抵抗がある人は少量の水で軽くゆすぐ程度にして下さい。

ちなみにこの歯みがき方法は12歳以上に推奨されていて、小さい子がやっても意味がないということです。

 

これに歯科衛生士のプロケアを定期的に受ければ虫歯予防もバッチリです

定期的にプロケアを受けた人の80代での歯の残存本数は約16本。

プロケアを受けていない人の歯の残存本数は約7本。

かなり違いがでますね。

自分の歯を残すためにも、これからは定期的に歯医者さんに通ってケアをしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました