東京五輪のチケットの買い方は?抽選申込み期間や支払いで気を付けることを解説

東京五輪にどの選手が出場するのか…まだ確定していませんが、オリンピックのチケット抽選申し込みが明日、5月9日(木)の午前10時から始まります!

調べてみたところチケットの購入方法が若干ややこしいので「東京五輪を見に行きたいけど、チケットはどうすればいいの?」という人の為にチケット購入方法をわかりやすくまとめてみました。

 

 

東京五輪「チケットの抽選申し込み」とは?

オリンピックのチケットはすぐに買えるわけではなく、抽選申し込みをして当選した人のみが購入できます。

チケットは先着順ではなく抽選申し込みとなりますので、まずは抽選期間の間に申し込みをしましょう

5月9日の抽選申し込みでチケットの予定枚数分が売切れた場合ー→ソウルドアウト

チケットの予定枚数分が売切れなかった場合ー→残ったチケットが秋~冬にかけて先着順で販売されます。

秋~冬にかけて売り出したチケットが更に残った場合は2020年の春以降に公式チケット販売所などで販売します。当日まで余っていたら当日券として購入できます。

 

この辺りはライブのチケットと一緒ですね

種目によっては完売してしまう可能性もあるので確実に見たい人は抽選申し込みをしましょう!

 

 

 

抽選申込み期間

2019年、59()午前10時~528()午後2359分まで

 

抽選結果発表

620()にチケットの当落結果が出ます

当選した人は7月2日(火)午後23時59分までに購入手続きをして下さい。そうしないとせっかく当選したチケットが買えなくなってしまいます。

 

 

東京五輪「チケットの購入方法]は?

 

肝心のチケット購入方法ですがまず始めにTOKYO2020 ID 登録というものが必要になりますので、東京五輪・パラリンピック組織委員会のHPからIDを登録します。

  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス などを登録(複数のID取得は禁止となっています)

 

インターネットで登録しなければいけないので、ネット環境がない方は購入できません

 

パソコンを持ってないし、インターネットなんてわからないよ

そんな方の為に、地方自治体によってはチケットを代行してくれるそうです。

 

チケットの申し込み枚数制限は?

チケットの枚数制限ですが、セッション内容によって枚数制限が変わります。

下記が1つのIDにおいて1セッション(競技)あたりの累計上限枚数となります。

  • 『開閉会式』...1人2枚まで
  • 『決勝等のメダルセッション』...1人4枚まで
  • 『予選等のセッション』・・・1人6枚まで


1希望と第2希望の合計申込枚数は最大60枚となりますが、当選枚数は最大30枚です。

チケットは大人・子ども・幼児(席有)一律同額です。

競技開催日時点で2歳未満の幼児は、チケット保有者1名につき、幼児1名までは無料(席なし/チケット不要)

 

 

チケット代金の支払いに気をつけよう!

チケット代金の支払いは一括支払いとなります。

色々な競技を申し込んで、複数当選した場合に

たくさん当たっちゃた!チケットのお金がキツイな。

Aの競技だけチケットの支払いをして、Bの競技はやめよう

ということが出来ません!

当選したチケット全ての代金を支払わないと、当たったチケット全てが無効になります。

どうしてもいけない競技が出てきた…という場合もまずは全額チケット代を支払いましょう。

その後に、自分がいけなくなった競技のチケットを【東京2020公式チケット販売サイト内のリセールサービス】で譲ることができます。

このサービスを使えばチケットを欲しい人に定価で譲ることができますよ。

 

東京五輪ではチケットの転売防止が強化されておりメルカリ、ヤフー、楽天が連携して五輪チケット出品禁止を表明しています。

オリンピック観戦の際に本人確認もされるということなので、公式サイトで安心・安全に取引しましょう!

 

 

競技ごとのチケット料金は?

 

チケット料金は近い場所で見るか遠くから見るか、予選を見るか決勝を見るか、などで値段がかなり変わってきます。

競技種目ごとの最低料金~最高料金の額を記載しておきますので価格の参考にしてみて下さい。

  • 開会式/2,020円 ~30万円
  • 閉会式/2,020円 ~ 22万円

【水泳】

  • 競泳/2,020円~10万8,000円
  • 飛込/2,020円~ 3万500円
  • アーティスティックスイミング/2,020円~4万5000円
  • 水球/2,020円~1万円
  • マラソンスイミング/2,020円 ~5,500円

 

【陸上競技】

  • 陸上競技/2,020円 ~13万円
  • マラソン/2,020円 ~ 6,000円
  • 競歩/チケットの販売はなし(皇居外苑で行われます)

 

【自転車競技】

  • BMXフリースタイル/2,020円 ~1万円
  • BMXレーシング/2,020円 ~1万2500万円
  • マウンテンバイク/2,020円 ~5,000円
  • ロード/2,020円 ~5,500円
  • トラック/2,020円 ~1万4,500円

 

【馬術】

  • 馬場馬術/2,020円 ~1万6,000円
  • 総合馬術/2,020円 ~1万6,000円
  • 障害馬術/2,020円 ~1万6,000円

 

【体操】

  • 体操競技/2,020円 ~7万2,000円
  • 新体操/2,020円 ~3万6,000円
  • トランポリン/2,020円 ~1万6,000円

 

【カヌー】

  • スラローム/2,020円 ~1万円
  • スプリント/2,020円 ~9,500円

 

  • アーチェリー/2,020円~7,000円
  • バドミントン/2,020円~4万5,000円
  • 野球/2,020円~4万5,000円
  • ソフトボール/2,020円~ 2万5,500円
  • 3×3バスケットボール/2,020円~ 1万5,000円
  • バスケットボール/2,020円~2万4,500円
  • フェンシング/2,020円~ 1万1,500円
  • サッカー/2,020円~ 9,800円
  • ゴルフ/2,020円~ 1万円
  • ハンドボール/2,020円~9,500円
  • ホッケー/2,020円~ 4,000円
  • 柔道/2,020円~ 5万4,000円
  • 空手/2,020円~1万2,800円
  • 近代五種/2,500円 ~ 4,000円
  • ボート/2,020円~9,500円
  • ラグビー/2,020円~2万5,500円
  • セーリング/2,020円~5,500円
  • 射撃/2,020円~5,500円
  • スケートボード/2,020円~11,500円
  • スポーツクライミング/2,020円~ 12,500円
  • サーフィン/2,020円 ~ 3,000円
  • 卓球/2,020円~3万6000円
  • テコンドー/2,020円 ~ 9,500円
  • レスリング/8000円~4万5000円
  • 空手/5500円~1万8000円
  • テニス/2,020円 ~2万円
  • トライアスロン/2,020円 ~8000円
  • ビーチバレーボール/2,020円 ~1万1500円
  • バレーボール/2,020円 ~13,500円
  • ウエィトリフティング/2,020円 ~1万2,800円
  • レスリング/2,020円 ~4万5,000円

 

いかがだったでしょうか。

2020円から見れる競技がたくさんあるので、とりあえず見てみたい!という人なら以外とリーズナブルに観戦できそうですね。

東京五輪のチケット申込み期間は528()までと時間があるので、どの競技を観戦するかじっくり検討して申し込みして下さい!

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました